ご存知ですか、注目されない感染症(肝炎)が多くの命を奪っていること。

月別: 2020年7月

7月28日は世界・日本肝炎デー

 7月28日は世界・日本肝炎デーです。
 肝がん・肝硬変など、ウイルス性肝炎が原因で亡くなる方は、HIVや結核に匹敵する毎年約130万人(日本でも約3万人)にのぼります。
 国や地域によって患者の置かれた状況は異なりますが、感染予防、ウイルス検査の普及による早期発見と適切な治療は、どこでも共通した課題です。また、B型肝炎には、ウイルスを身体から排除できる治療法がまだありませんので、「創薬」のとりくみにも患者の期待が集まっています。
 ウイルス性肝炎の克服には国際的な協力が必要であり、世界でも有数の肝炎対策をすすめてきた日本の経験や力が、そのために活かされることを私たちは願っています。

 本来、この肝炎デーにあわせて、私たち日本アフリカ肝炎交流実行委員会では、ブルキナファソから肝炎患者団体と研究者の方をお招きしたいと考えていました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で、企画は延期となり、また、準備活動にも大きな影響が出ています。そもそも、基礎疾患のある人は新型コロナウイルス感染症に十分な注意が必要とされているため、肝炎患者運動自体に大きな制約がある状況です。一方で、実行委員会事務局のオンライン会議や、ブルキナファソの肝炎患者団体とのオンライン会議、島川祐輔先生にお願いしてのオンライン学習会など、可能な準備をすすめています。

 この状況もふまえまして、本日7月28日、これから色々とご指導をいただき、ご協力をお願いすることになる皆様に、略儀ではありますが、ご挨拶をかねてリーフレット等を送らせていただきました。どうか、ご一読いただければ幸いです。

 引き続き、私たちの活動へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。そして、ともに肝炎のない世界をめざして力をあわせていきましょう。

オンライン学習会のようすから

肝炎デー 読売新聞『[歌手 伍代夏子さん](上)C型肝炎を克服 「特別大使」として検査の大切さを訴え』

7月28日はWHOと厚生労働省が定めた世界・日本肝炎デーです。各メディアにおいて、ウイルス性肝炎をとりあげていただいています。この機会に少しでも多くの方にウイルス性肝炎のことを知っていただき、まだ検査を受けたことのない方はぜひ一度は検査をうけて、ウイルス陽性と判明した方は専門医のもとで定期的な治療を受けていただきたいと思います。

読売新聞 医療・健康・介護のコラム 国の「知って、肝炎プロジェクト」の特別大使としてもご活躍の伍代夏子さんのインタビューです。

肝炎デー 〜毎日新聞 医療プレミア「忘れられた3億人の感染者 ウイルス性肝炎」

7月28日はWHOと厚生労働省が定めた世界・日本肝炎デーです。各メディアにおいて、ウイルス性肝炎をとりあげていただいています。この機会に少しでも多くの方にウイルス性肝炎のことを知っていただき、まだ検査を受けたことのない方はぜひ一度は検査をうけて、ウイルス陽性と判明した方は専門医のもとで定期的な治療を受けていただきたいと思います。

毎日新聞 医療プレミア「忘れられた3億人の感染者 ウイルス性肝炎」(久野華代記者)〜西アフリカのブルキナファソで肝炎とたたかう島川祐輔医師やカニア博士も取材されています。

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20200727/med/00m/100/011000c

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén